テレワークのさぼり防止!テレワーク導入参考情報まとめ

テレワークの問題点

コロナウイルスの影響により、テレワークを余儀なくされた方も多いことかと思います。テレワークをやったことがなかった企業にとっては、パソコンとネットワーク環境があれば、簡単にできると考えていたけど、いざやってみると様々な問題があり、難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。社員の環境やコスト面をクリアしてようやくテレワーク実行に移せても、社員の管理が難しかったりコミュニケーションの問題が生じたり、問題が山積みといった声をお聞きします。

今回はテレワーク導入後の問題解決に役立つ情報をまとめました。本記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

テレワーク導入後の問題点

テレワーク導入後の問題点としては、下記が挙げられると思います。

・正確な勤務時間が把握できない
・仕事における評価が難しい
・コミュニケーションが希薄になる

上記3点は「Webカメラを活用した空間共有」と「勤怠管理ツールの活用」により、改善できると思われます。上記の改善方法は、会社の状況毎に活用可能かどうか判断がわかれるため、自社で効率的に運用できる方法をお選び下さい。

Webカメラを活用した空間共有

リモートワークを行う人と、職場で働いている人でわかれている場合、Webカメラを活用した空間共有がおすすめです。常時Webカメラを接続状態にし、リモートワーク側、職場側の状態を表示することで、空間共有を行えます。空間共有を行うことで、コミュニケーションが気軽にとれやすくなるとともに、勤怠管理も容易になります。

■参考Webサイト

 https://nakanono.com/telecommuting-web-camera/

勤怠管理ツールの活用

テレワークの問題としては、勤務時間の管理と仕事をきちんと行っているのかの評価も難しい部分です。様々な企業が販売している勤怠管理ツールを活用すれば、従業員の勤務状態や、勤務時間を把握することが可能です。ソフトによっては、社員が見ていた画面を閲覧することができるツールもあるため、社員のサボり防止に繋がります。

■参考Webサイト

 https://kigyolog.com/service.php?id=10

まとめ

コロナの影響により、テレワークを行う企業様が増え、対応に困っている方が多くなっているかと思いますが、今回の件をきっかけに自社のテレワークのやり方を確立してしまえば、今後の働き方の参考になるかと思いますので、良い機会と捉え頑張って下さい。

おすすめの記事